お腹の脂肪を落とすために効果的なダイエット方法と引き締める方法!

お腹の脂肪を落とすために効果的なダイエット方法と引き締める方法!

日頃から意識はしててもついつい食べすぎてしまってお腹まわりに脂肪がついてしまった!

夏に向けて痩せたいけど、運動してもなかなか脂肪が落ちてくれない!

という女性のみならず、男性の悩みにもなってきているぽっこりお腹。
食事制限や運動をしてみても、なかなか脂肪が落ちない原因は、ちゃんとした理由があったのです!

この記事では、そんな落ちにくい脂肪の原因となる生活習慣や、脂肪を燃焼させる方法を原因別に解説していきます。

これさえ読めば、あとは実践するだけ!

なかなか落ちないお腹の脂肪の原因は??

「食べ過ぎるとすぐにお腹に脂肪がついてしまう」

「運動は頑張ってるけど、どうしてもお腹だけ痩せれない!」

お腹の脂肪が落ちにくいことには、きちんとした理由があったのです。

お腹には、胃や腸といった、重要な器官があるにも関わらず、骨に覆われていない
所謂、急所のような場所なのです。

特に女性の場合は、妊娠に備えて子宮を外的なダメージから守るため、脂肪がつきやすくなっています。

そんなお腹まわりの脂肪には、主に2種類あると言われています。まずはその2種類の脂肪についてチェックしていきましょう。

内臓脂肪

俗に言う「メタボ腹」と言われる、中年男性に多いのがこの内臓脂肪によるポッコリお腹です。
この内臓脂肪は、お腹の肉をつまもうと思ってもつまめないのが特徴で、生活習慣病の原因にもなることから、
健康状態をチェックする指針として注目を集めました。

皮下脂肪

皮下脂肪は女性に多く、つまもうとするとつまむことができる脂肪です。
こちらは直接的に健康を害するものではないのですが、一度つくと落ちにくく、
量が増えると膝などに負担をかけることから、できるだけ若いうちに対処したほうが良いと言われています。

脂肪を落とすのに効果的な方法とは??

内臓脂肪と皮下脂肪はそれぞれ効果的に落とす方法が異なってきます。

以下では、脂肪の種類別で見る正しいダイエットの方法を実践して効果的に痩せていきましょう!

内臓脂肪を落とす方法

内臓脂肪は有酸素運動を行うことが良いと言われています。
ランニングやウォーキング等がこれにあたりますが、どのトレーニングも20分以上行うことを目安にしましょう。
脂肪燃焼効果を期待できるのは、20分以上の運動と言われているためです。

そのため、自分の体力と相談して20分以上こなせるメニューを実践することが大切です。

皮下脂肪を落とす方法

皮下脂肪を落とすのには、内臓脂肪と同様に有酸素運動が効果的と言われていますが、
多くの女性の場合、セルライトが原因である場合があります。

このセルライトが原因である場合は、運動によって脂肪を燃焼することが難しいと言われており、
超音波を当てることで、燃焼するのが効果的と言われています。

また、セルライトはリンパのつまりが原因で肥大化している場合が多いため、
一度痩せてもまたセルライトがついてしまった…ということが考えられます。

こういった場合は、痩身エステ等でセルライトを燃焼すると同時に体のめぐりをよくしてもらう必要があります。

セルライトを燃焼するのにオススメのエステサロン

多くのエステサロンでは、脂肪やセルライトを燃焼させてリンパの流れを良くすることで
痩せやすい体をつくる効果的な方法を提供してくれています。

エステサロンといえば、高価なイメージがあり、経済的に厳しいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、
多くの場合は体験コースがあるため、500円〜5,000円程度で体験を受けることができます。

一回の施術のみで痩せることができたという方もたくさんいらっしゃるので、効果的なダイエットの方法の選択肢のひとつとして
考えてみてはいかがでしょうか??

以下の記事では、管理人がオススメする体験可能なエステサロンを紹介しています。
是非参考にしてみてくださいね!!

◯痩身エステ人気ランキング決定版!失敗しないサロン選びのコツと効果を徹底解説!

◯格安料金(500円〜)で体験可能なエステサロン一覧

もしかしたら脂肪以外の原因も?

上記2つとは異なった原因でお腹が出る場合があります。
それは、内臓下垂や、腸下垂と呼ばれるもので、内臓を支えるインナーマッスルの筋力低下によって、
内臓が重力に逆らえずに下に垂れ下がっている状態のことです。

この場合は、単に脂肪を落とすだけではなく、インナーマッスルを鍛えなければ臓器が正しい位置に戻らないため、
“体幹トレーニング”というものを行う必要があります。

もうひとつの原因として、”便秘”ということも考えられます。

この場合は、日々の食事の中に納豆、漬物、チーズ等の発酵食品や、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスがいいバナナやキウイ、アボカド、根菜類を積極に取り入れると良いと言われています。

最近では、便秘解消系のサプリメントなんかも販売されていますので、上記の食品が苦手な方は、サプリメントに頼ってみるのもありかもしれません。

コラムカテゴリの最新記事